カテゴリー「カナダ旅行」の1件の記事

バンクーバー旅行記

昨日、日帰りでカナダVancouver(バンクーバー)
行ってきました。1日かけて街中を散策したのですが、場所によっては、
「ここは中国?」と思ってしまうほどのチャイナタウンが形成されていました。

バンクーバーでの1日を振り返ってみたいと思います。

20090525a
シアトルから北上すること約3時間。国境に差し掛かりました。
週末でカナダに旅行する人が多いためか、入国審査で30分以上待つことに・・・。

20090525b
国境を越えて、カナダへ☆
ブリテッシュ・コロンビア州の一番南に位置するのが
City of Surrey(サリー市)

20090525c
ダウンタウンの中心地に到着し、車を降りて散策することに。
Robson Street(ロブソン通り)と呼ばれる通りを歩くと、
とても面白い建物に出合いました。何のための建物なのでしょうか・・・?

20090525d
中に入ってみると、Vancouver Public Libarary
(バンクーバー中央図書館)との文字が。
公共の図書館でした。知的好奇心が刺激されそうな雰囲気。

20090525e
GastownのSteamclock(蒸気時計)
ギャスタウンはシアトルのPioneer Square
(パイオニア・スクウェア)と似た、趣のある街並みでした。

20090525f
Gastownを通り抜けると、Chinatownに到着します。
歩いていると、カナダにいるとは思えないほど。
中国の「とある街」を歩いているのではないかと錯覚するほどでした。。。

20090525g
Vancouver Chinatown Night Market(夜市)が開催中でした。
バブルティやDim Sum(飲茶)のお店が所狭しと並んでいました☆

20090525h
最後に訪れたStanley Park(スタンレー公園)
Lions Gate Brigdge(ライオンズ・ゲイト・ブリッジ)の先は
「ウェスト・バンクーバー」と呼ばれる地区が広がります。

バンクーバーを後にしたのは夜の11時ごろ…帰宅したのは
夜の2時過ぎという強行スケジュールでした。でも、
1日中街を歩き回ることで、バンクーバーを肌で感じることが
できたように思いました。

街の中心地は歩き回れる規模ですが、歩きながら、地域によって
貧富の差が相当にあると思いました。特にGastown(ギャスタウン)
呼ばれる地区からChinatown(チャイナタウン)までの地区は、
午後~夕方でも気をつけて歩く必要があると感じました。

さらにシアトルと不思議な共通点を発見しました。それは、

■両市とも歴史的な地区があり、そのすぐそばにChinatownが
隣接していること。

シアトルにはPioneer Squareがあり、バンクーバーには
Gastownと呼ばれる歴史的な地区があります。

シアトルでは「International District」と呼ばれるチャイナタウンが
Pioneer Squareに隣接しています。同じように、バンクーバーでも
ChinatownがGastownに隣接しているのです。

西海岸にやってきた中国人が定住する場所を決めるとき、
歴史的な地区の隣にChinatownを形成していった理由が
なにかあるのかな・・・と思いました。

2010年の冬季オリンピックの街 ― Vancouver
今度はシアトルからアムトラックを使って、2泊3日ぐらいの
日程で巡ってみたいなと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)